遅い夏休みで、一週間ほど日本を離れていた。

200802TreasureIsland - a photoset on Flickr

海がきれいで、シュノーケルしたり、カヤックで近くの島へ行ったり。

IMG_0137

R0010054

暖かい、というか、暑かった。

歩いて20分で回れる離島への、初めての「完全隔離型」だったので、正直料理が心配だったのだけど、案の定「アメリカにある、ちょっと美味しいレストラン」=「素材は悪くないのだけど、大雑把な味」だった。

料理は、去年のUbudがかなり充実していた。

そういえば南半球なので、夜は空を見てみた。
オリオンがひっくり返っていて、シリウスが天頂にあって、配置がいつもみているものと違って面白かった。
ニセ南十字は発見したけど、本物の南十字は雲などが邪魔して見えなかった。
ちょうど満月にあたって、空が異様に明るかったのもあり。

R0010102
南に向けて、30〜60秒シャッター開けっ放しで撮影。三脚が無かったので、狙った場所に向かなかったのが残念。

IMG_0043
Treasure Islandに一つしか無いレストラン

IMG_0175
青いヒトデちゃん

IMG_0198
島の至る所にいた、逃げ足の速い鳥(キウィ?)

IMG_0205
ベビーシッターに預けられた子供たちが、「位置について」いるところ。
右側の太めのベビーシッターが、スプーンをたくさんプールに投げていて、この後の、よーいどんの合図で、子供たちはプールの中のスプーンを探す。

IMG_0220
カヤックで20分ほどの場所にある、「beachcomber(ビーチコンバー、ビーチカマー)」
ここはドミトリーがあって、若者がたーくさんいた。
反対に、我々が宿泊したTreasure Islandは、30歳前後のカップルか、子供連れ。

IMG_0349
トイレのサンダルみたいな、「クロックス」が大活躍。

IMG_0385
夜のプール脇で生演奏をバックにダンスするカップル

IMG_0407
ファイヤーダンス、予想外に凄すぎ


---
Fijiにした理由は、南の島近辺で、安いところを探していて、
・ハワイ:5万円~→あまり惹かれない
・タヒチ:10万~→高い
・ニューカレドニア:8万~→高い
・フィジー:6万~→安いかも
という感じで、安さに引かれて目をつけたのだけど、色々調べていくと、安いやつは「本島に滞在」するのだけど、「フィジーへ行ったら離島に行くべし」ということで、離島のマナ島に決めたのだけど、マナ島は工事中というのと、日本人がオーナーなので日本人がたくさんいる、ということで、フィジー人がオーナーのTreasure Islandに決めた、という感じ。

フィジー本島は安いのだけど、離島にしたことで、10万くらいになって、燃油チャージを入れると、飛行機と宿泊費だけで、二人で30万くらいかかってしまった。昼食、夜ご飯は、若干節約したので、トータルでは30万ちょっとかな。

ST World 276,280Yen(二人) 燃油39,200Yen含む

2008/2/18: FJ303 NRT(19:00)-NANDI(6:45+1)
2008/2/23: FJ302 NANDI(10:30)-NRT(17:00)

宿泊先
トレジャーアイランドリゾート
ノボテル・ホテル・ナンディ

ほとんどがツアー代でカバーされていたので、最終的に30万円ちょっとだった。(二人で。)

Search

アーカイブ