binary logのメンテナンス

レプリケーション環境でのバイナリログのメンテナンスは二通り。

・expire_logs_daysを設定しておく

・purge master logs to...を発行する

最も簡単なのがexpire_logs_days = 7 (days)などと設定しておくこと。

確実さを好むならば、スレーブのshow slave status\GのMaster_Log_Fileを指定する。

スレーブが複数存在する場合は、一番番号の若いMaster_Log_Fileを指定する。